目次

はじめに

2つ目のブログ設定のために挿入したプラグインとその設定の方法をご紹介します。
ワードプレスのプラグインとは、その機能を拡張するために追加するプログムのことです。
プラグインを導入することでワードプレスがより快適になります。

プラグイン・インストールの共通手順

➀ 管理画面 >プラグイン > 新規追加の順にクリックします。

新規追加をクリック

➁ 「プラグインを追加」の画面が表示されたらプラグインの検索に希望するプラグイン名を記入します。

プラグイン名を記入

➂ 希望のプラグインの画面が表示されたら「今すぐインストール」をクリックし、次に有効化をクリックします。

「今すぐインストール」をクリックし、次に有効化をクリック

以上でプラグイン・インストールの共通手順の説明を終わります。

Akismetでコメントスパムからブログを守る

Akismetとは、
自動的にコメントスパムを防いでくれるWordPress標準搭載のプラグインです。
一つ目のブログで、取得済みのAPIキーを利用できます。

取得済APIキーは 管理画面 > Jetpack > Akismet Anti-Spamで確認できます。

取得済APIキーの確認

管理画面のメニューから「プラグイン」 > 「インストール」済みプラグインをクリックします。
はじめから挿入されています。

下記の画像が表示されたらAkismetの「有効化」をクリックします。

「有効化」をクリック

 

「手動でAPIキーを入力」と書かれたところに、取得済みのAPIキーを入力し「このキーを使用」をクリックします。

「このキーを使用」をクリック

 

下記の画像のように「Akismetが有効になりました。ブログをお楽しみください!」と表示されたら完了です。

Akismetが有効と表示されたら完了

以上でAkismetのインストールと設定の説明を終わります。

All in one SEO PackでSEO を強化

All in one SEO Packとは、
Google やYahoo!Japanなどの検索エンジンで、ブログを検索結果に上位表示されやすくするプラグインです。
フェイスプックページとの連携や、インデックスの有無、メタタグ(ディスクリプションとキーワード)の設定などに役立ちます。

インストール手順

プラグイン・インストールの共通手順で導入します。
下記の手順でインストール済みプラグインにBroken Link Checkerが追加されたのを確認します。

Broken Link Checkerが追加されたのを確認

設定手順

➀ 一般設定

管理画面> All in One SEO>一般設定の順で開きます。
デフォルトの設定で問題ありません。

一般設定
➁ ホームページ設定

「代わりに固定フロントページを利用する」については、タイトルとディスクリプションの設定はここで設定しているので「無効」にします。

ホームページ設定
➂ タイトル設定

デフォルトの設定で問題ありません。

タイトル設定

➃ カスタム投稿タイプ設定

デフォルトの設定で問題ありません。

カスタム投稿タイプ設定

➄ 表示設定

デフォルトの設定で問題ありません。
表示設定

➅ ウエブマスター認証

デフォルトの設定で問題ありません。
ウエブマスター認証

➆ グーグル設定

グーグル設定

➇ Noindex設定

Noindex設定

➈ 詳細設定

詳細設定

➉ キーワード設定

キーワード設定

Broken Link Checkerでブログ内のリンク切れのチェック

Broken Link Checkerとは、
ブログ内でリンクを貼る事は、SEO 的にも意味があるのですが、知らないうちにリンクが切れてしまうことがあります。
リンク切れをいち早く教えてくれるのがBroken Link Checkerというプラグインです。
リンク切れが起こると、ダッシュボード上でも表示が出ますし、WordPress に登録したアドレスにメールも届きます。

インストール手順

プラグイン・インストールの共通手順で導入します。
下記の手順でインストール済みプラグインにBroken Link Checkerが追加されたのを確認します。

Broken Link Checker確認

プラグインの「有効化」が完了したら、WordPressの管理画面の設定欄に「“リンクチェッカー」 という項目が追加され、プラグインの設定をカスタマイズできます。
デフォルトのままで問題ありません。

使用法

サイト内でリンクエラーが見つかると、

➀ 管理画面のダッシュボード下部に表示されます。

管理画面のダッシュボード下部に表示

➁ サイトに登録しているメールアドレス宛に通知が届きます。通知内のリンクをクリックすると、チェックページへと進むことができます。

メールアドレス宛に通知

 

➂ 管理画面の「ツール」から「リンクエラー」 と進んでも、リンク切れをチェックできます。

管理画面の「ツール」から「リンクエラー」

検知された後の処理

Broken Link Checker は、リンク切れを自動検知してくれるプラグインですが、検知された後の処理については手動で行わなければなりません。

よく使う項目は以下の3つだけなので、状況に応じて使い分けます。

➀ URLを編集 : リンク先を再設定できます。
➁ 再確認   : 一時的なエラーの場合、こちらで再確認できます。
➂ リンク解除 : リンク先を解除できます。

「404」と「410」のエラーは基本的にリンク先のページが見れない状態なので、一旦すべて「リンク解除」の処理で問題ないようです。

以上でBroken Link Checkerのインストールと設定の説明を終わります。

WordPress Popular Postsで人気記事の表示

WordPress Popular Posts とは、

サイト内に人気記事をランキング表示できるプラグインです。
人気記事を導入する事でサイト内の回遊率が高まり、「滞在時間のアップ」 や 「直帰率のダウン」 につなげることができます。
これらの指標はSEOにも効果的です。

インストール手順

WordPressの管理画面から 「プラグイン」 > 「新規追加」 の順に進み、検索窓に 「WordPress Popular Posts」 と入力します。
次に 今すぐインストール をクリックします。
インストールが終了したら出る 「有効化」 のボタンを押して完了です。

「有効化」 のボタンを押して完了

画面上部  統計情報 / ツール / パラメータ   のタブから操作できますが、ここはすべてデフォルトのままでも問題ありません。

デフォルトのまま

 

WordPress Popular Posts は、基本的にサイドバーのウィジェットエリアで使用します。
WordPressの管理画面から 外観 > ウィジェット と移動し、WordPress Popular Posts のウィジェットをドラッグ&ドロップでサイドバーへ追加します。

デフォルトのままでもランキングは表示されますが、「タイトル」や「アイキャッチ画像」が設定されていると、よりサイト内の巡回率が高まります。

WordPress Popular Posts のウィジェットをドラッグ&ドロップでサイドバーへ追加

 

各項目設定の説明

各項目設定の説明

タイトル
サイドバーに表示させる文言を設定できます。
「人気記事ランキング」、「よく読まれている記事」、「AccessRanking」などです。

最大表示数
ランキングの表示数を設定できます。最大10程度です。

ソート順
ランキングの基準を、「コメント」「総閲覧数」「1日の平均閲覧数」から選択します。

計測期間
ランキングの集計期間を設定できます。全期間、過去30日間など自由に選べます。

投稿タイプ
ランキングに表示する投稿タイプを選べます。postは投稿、pageは固定ページです。

特定の記事のみ除外したい場合は、「除外する投稿ID」の欄に記事IDを入力。
特定のカテゴリ・タグの除外は「タクソノミー」で設定します。

投稿設定
ランキングに表示されるテキストと画像の設定ができます。

統計タグの設定
その他、ランキングに表示する内容を設定できます。

HTMLマークアップ設定
上級者向けですが、HTMLタグを使用したさらに高度な設定が可能です。

 

 

以上でWordPress Popular Postsのインストールと設定の説明を終わります。

Contact Form 7でお問い合わせフォームを作成

Contact Form 7とは
WordPressにコンタクト フォームを設置するための プラグインです。
固定 ページに フォームを設置するには、Contact Form 7が生成するショートコードを一行追加するだけです。
問い合わせ フォームの作成は難しそうに感じますが、Contact Form 7を使えば専門知識なしで簡単に作成できました。

インストール手順

プラグインインストールの共通手順で導入します。

下記の手順でインストール済みプラグインに「Contact Form 7」が追加されたのを確認します。

「Contact Form 7」が追加されたのを確認

お問い合わせフォームの作成

フォーム等はデフォルトで問題ありません。必用に応じ変更できます。

フォーム等はデフォルトで問題なし

フォーム表示

フォームを WordPressの各ページに表示するため、まずは フォーム一覧にて表示したい フォームのショートコードをコピーします。

フォームのショートコードをコピー

お問い合わせフォームを固定ページに設置

固定ページに設置

プレビューで確認

プレビューで確認

以上でContact Form 7のインストールと設定の説明を終わります。

Category Order and Taxonomy Terms Orderでカテゴリー並べ替え

Category Order and Taxonomy Terms Orderとは

カテゴリーの順番を変えるプラグインで、これがないと難しくなります。
記事がが多くなると、順番を変えて読者さんが多いものを上に持っていきたくなるようです。

プラグイン・インストールの共通手順で導入します。
ダッシュボードで確認して、下の画像の手順で入れ替えます。

画像の手順で入れ替え

以上でCategory Order and Taxonomy Terms Orderのインストールと設定の説明を終わります。

EWWW Image Optimizerで画像圧縮して表示速度アップ

EWWW Image Optimizerとは、
WordPressにアップした画像を一括で最適化してくれるプラグインです。
画像のファイルサイズを圧縮することにより、ページスピードの改善に役立ちます。
一旦導入すれば、以後アップする画像は自動で圧縮してくれるため便利です。

インストール手順

プラグイン・インストールの共通手順で導入します。
下記の手順でインストール済みプラグインにEWWW Image Optimizerが追加されたのを確認します。

EWWW Image Optimizerが追加されたのを確認

設定手順

ダッシュボード 〉設定 〉EWWW Image Optimizerの画面を開きます。
設定するのは基本設定と変換設定のみで他は必要に応じて設定です。
基本設定と変換設定についてもデフォルトで✓が入っているので確認だけです。

➀ 基本設定

メタデータというのは、画像に組み込まれた撮影日時や撮影場所などの情報のことです。
メタデータを削除することで、画像データを軽くすることが出来るのと同時に、写真の撮影場所やカメラ設定などの情報から個人情報が流出するのを防ぐ効果もあります。

基本設定

➁ 変換設定

EWWW Image Optimizer には、「png」を「jpg」に、「jpg」を「png」に変換する機能があリます。
ここにチェックを入れておかないと、自動で勝手に変換が行われて、画質が悪くなったり、フォルダ内の画像が増えてしまうことがあるようです。

変換設定

以上でEWWW Image Optimizerのインストールと設定の説明を終わります。

Google XML Sitemapsで検索エンジン向けのサイトマップ作成

Google XML Sitemapsとは

ブログのサイトマップ(目次)を作成してくれるプラグインで、検索エンジン用のサイトマップになります。
Google などの検索エンジンには、クローラーと言って、定期的にWEB サイトを巡回して、情報を集めるシステムがあります。

サイトマップ(ブログ内の地図)を作成して、Search Consoleと組み合わせることで、クローラーが効率良くブログを認識できるように、手助けをすることができます。
つまり、SEO 効果があるということです

インストール手順

プラグインインストールの共通手順で導入します。
下記の手順でインストール済みプラグインにGoogle XML Sitemapsが追加されたのを確認出来たら終了です。

Google XML Sitemapsが追加されたのを確認

以上でGoogle XML Sitemapsのインストールの説明を終わります。

Jetpack by WordPress.comで画像表示のスピードアップとセキュリティ効果

複数の機能が詰め合わせになったプラグインです。
このプラグイン一つで、画像のスピードアップやスパム対策、SNSとの連携、簡単なアクス解析まで出来ます。
初期設定で「wordpress.com」との連携が必要です。

インストール手順

プラグイン・インストールの共通手順で導入します。
インストール済みプラグインに「Jetpack by WordPress.com」が追加されたのを確認します。
有効ボタンをクリックすると次の画像が表示されます。
「WordPress.com 」と連携をクリックします。

「WordPress.com 」と連携をクリック

1つ目のブログでアカウントをすでに取得しているので、下部にある「Sign in」からユーザー名とパスワードを入力して設定完了です。

「Sign in」からユーザー名とパスワードを入力

連携を確認する画面に移ったら、「Approve」をクリック

「Approve」をクリック

 

プランを選択する画面が出るので、「Start with free」を選択します。

「Start with free」を選択

 

「おすすめ機能の有効化」をクリックすることで、Jetpack推奨の機能が有効化され、初期設定が完了します。

「おすすめ機能の有効化」をクリック

 

Jetpack の使用法

5個の設定項目があり、必要に応じて設定します。

 

設定項目、必要に応じて設定

 

私が設定した項目は執筆の画像のパフォーマンス及びスピードのみ有効にしてます。

パフォーマンス及びスピードのみ有効

以上でJetpack by WordPress.com のインストールと設定 & Jetpack の使用法についての説明を終わります。

PS Auto Sitemapで閲覧者向けサイトマップの作成

PS Auto Sitemapとは

サイトマップと呼ばれるブログ内の目次を自動的に作成して、ブログ閲覧者に見てもらうものです。
Google XML Sitemapsのサイトマップ(目次)は検索エンジンの為のもので、ブログ閲覧者の目には触れません。

インストール手順

プラグイン・インストールの共通手順で導入します。
インストール済みプラグインにPS Auto Sitemapが追加されたのを確認します。
有効ボタンをクリックすると次の画像が表示されます。

PS Auto Sitemap画像

 

設定手順

➀ 固定ページに貼り付ける赤枠の文字列をコピーする。

文字列をコピー

 

➁新規固定ページに赤枠の文字列を貼り付ける。(エディターはテキスト)。

文字列を貼り付け

➂ 新規固定ページを公開して記事IDを確認します。

ア.下の画像は固定ページ一覧から確認してます。
イ.公開したなら直ぐに同じようにURLの窓からも確認できます。

固定ページ一覧から確認

ウ.また、記事一覧のタイトルにポインターを当てると画面の一番下に記事IDが表示されます。

画面の一番下に記事IDが表示

➃ 設定画面を表示して細部設定(記事ID等)をします。

設定画面を表示して細部設定(記事ID等)

以上でPS Auto Sitemapのインストールと設定の説明を終わります。

Q2W3 Fixed Widgetでサイドバーに記事を追尾させる。

Q2W3 Fixed Widgetとは

ブログの記事を下へスクロールするに従って、サイドバーも一緒に下がる(追尾する)ようにしてくれるプラグインです。
長い記事になると、読むために画面を下へ移動していく(スクロール)うちに、サイドバーの記事が見えなくなります。
記事がどの位置でもサイドバーの記事を見れるようにに、追尾させることが出来ます。

インストール手順

プラグイン・インストールの共通手順で導入します。
「インストール済みプラグイン」に「Q2W3 Fixed Widget」が追加されたのを確認します。
有効ボタンをクリックすると次の画像が表示されます。

Q2W3 Fixed Widget

設定手順

➀ ウィジェットの画面を開く。

ウィジェットの画面を開く

➁「よく読まれている記事」にFixed widgetを設定(わたしの場合)

Fixed widgetを設定

➂ 下の画像のように設定した記事が追尾してきました。

左側が投稿記事で右側がサイドバーの記事です。

左側が投稿記事で右側がサイドバーの記事

以上でQ2W3 Fixed Widgetのインストールと設定の説明を終わります。

Table of Contents Plusで記事の目次を自動生成

Table of Contents Plus というのは

WordPress プラグインの一つで、一つ一つの記事の中に下の画像のような目次を自動的に表示させてくれます。

目次を自動的に表示

インストール手順

プラグインインストールの共通手順で導入します。
管理画面メニューの「インストール済みプラグイン」にQ2W3 Fixed Widgetが追加されたのを確認します。
有効ボタンをクリックすると次の画像が表示されます。

有効ボタンをクリックしたときの画像

設定手順

➀基本設定

基本設定

➁サイトマップ

サイトマップ

➂実際に表示されるサイトマップ

実際に表示されるサイトマップ

以上でTable of Contents Plusのインストールと設定の説明を終わります。

TinyMCE Advancedで投稿画面のビジュアルモードの機能を拡張(フォントサイズ/テーブル/文字背景など)

インストール手順

プラグインインストールの共通手順で導入します。
インストール済みプラグインにTinyMCE Advancedが追加されたのを確認します。
有効ボタンをクリックすると次の画像が表示されます。

有効ボタンをクリックしたときの画像

以上でTinyMCE Advancedのインストールと設定の説明を終わります。

WordPress Popular posts で人気の記事を表示

WordPress Popular Posts とは、

ブログの人気記事(よく読まれている記事)を、サイドバーなどに表示させるプラグインです。
よく、ブログのサイドバーで見かける、下の画像のような表示です。

ブログの人気記事(よく読まれている記事)画像

インストール手順

プラグインインストールの共通手順で導入します。
インストール済みプラグインにWordpress Popular Postsが追加されたのを確認します。
有効ボタンをクリックすると次の画像が表示されます。

有効ボタンをクリックしたときの画像

設定手順

ウィジェットの設定

2018-08-19_17h31_08.jpg

ウィジェットの細部設定

私の設定です。お好みでよいかと思います。

ウィジェットの細部設定

➀ タイトルの設定
➁ 最大表示数は10に設定
➂ ソート順は総閲覧数
➃ フィルターは過去7日間
➄ 投稿タイプはpost
➅ アイキャッチ画像はSS_thumb
➆ 閲覧数を表示
➇ 保存

以上で WordPress Popular Posts のインストールと設定の説明を終わります。

Yet Another Related Postsで関連記事を表示

Yet Another Related Postsとは、

ブログの記事の最後に、関連記事を表示させてくれるプラグインのことです。
これは私の設定です。設定の仕方で表示を変えることが出来ます。

私の設定の場合

インストール手順

プラグインインストールの共通手順で導入します。
インストール済みプラグインにYet Another Related Postsが追加されたのを確認します。
有効ボタンをクリックすると次の画像が表示されます。

有効ボタンをクリックしたときの画像

設定ボタンをクリックします。

設定ボタンをクリック

➀ フィルター設定

ここは特に触らなくても大丈夫です。
記事が増えると【カテゴリー】や【タグ】が表示されるようになり、
関連記事に表示させたくないものを選択出来るようになるようです。

フィルター設定

➁ 関連スコアー設定

デフォルト設定のままでもよいのですが、記事が少ないうちは関連記事が表示さ
れないので、カテゴリーが共通していれば関連記事に表示される設定にしてみました。
必要に応じて設定できます。

関連スコアー設定

➂ 表示設定 ウェブサイト用

「一度に表示させる関連記事数」:8記事で、スタイルは「サムネイル」にしています。
ヘッダーは、合わせて読みたいおすすめ記事にしています。
関連記事がないときのメッセージは「関連記事はありません」です。
最後に「変更を保存」をクリックします。

表示設定 ウェブサイト用

以上で Yet Another Related Posts のインストールと設定の説明を終わります。

おわりに

二つ目のブログ設定におけるプラグインについて、設定した種類と手順について記載してみました。
忘れっぽいので自分メモもありますが、同じような状況にある方の参考になればうれしいです。
長くなりましたが、最後まで閲覧いただきましてありがとうございます。