はじめに

列島縦断の台風24号が関東を9/30~10/1の夜半に通過しました。栃木は風も雨も気象予報よりは緩めでしたので、楽しみにしていた「益子町ぶらり」を決行することにしました。
森のレストランに電話をかけたら、「やっています」のお返事なのでツレとドライブですが、わたしは、買ったばかりのミラーレスカメラで本格初撮影したくてウズウズでした。
では、ご紹介です。

森のレストラン

益子駅から北東2Kmくらいの小高い丘の閑静な雑木林に、囲まれた手作り感ある木造の建物です。とてもメルヘンチックでホッと癒やされる感じがします。
ひろーい庭には、ピザ窯が2~3コあったり、なにか料理のために外作業をする小屋があったりしてほっこりします。

カフェレスのおうちについて

森のレストラン全景
ほんとに周りになにもない。森の妖精のお出迎えです。

水彩画風
水彩画風です。

大きな全景
入り口が一階で客室が地階、一階、二階です。

入り口
素朴な入り口です。

入り口内側
入り口内側です。

階段
階段を伝って2階へ

二階客室
案内されて2回の客室へ、とても広い

伝統建築美
伝統的な建築美を感じますね

窓から外景色
テーブル席からのお外、まだ木々が緑色保持

アートな置物
窓枠に何気なくアートなミミヅクの置物2つ

モダン絵画
廊下にモダン絵画

お料理について

メインが和洋のランチで前菜がついて、お値段も手頃で人気のようです。
スイーツも名のあるシェフの作品でため息ものです。
ドリンクバーでは、いろいろな飲み物が飲めます。
珈琲も種類が飲めます。
私は今回の料理は前菜だけにしました。実は今月下旬の定期健康診断のためダイエット中なんです。ツレが美味しそうに頬張っていました。


メニュー
メニュー

私の注文料理
わたしの注文、少し寂しい、前菜と合わせスープです。
前菜は、ビュッフェ方式です。

わたしのデザート
わたしはドリンクバーとセットのおしゃれなミントの葉付き胡麻豆腐と焼き菓子を注文です。

美のコーヒーカップ
コーヒーカップ美しいです。陶器のふるさと益子です。

ツレの注文料理
ツレの料理はグリーンスープキーマカレーと十五穀米ライスと前菜です。

ツレのデザート
ツレはデザートとしてスイーツのプリン注文です。

ビュッフェ入り口
前菜ビュッフェ入り口

前菜ビュッフェ
前菜料理、季節により変わるようです。

興味の尽きない小物置物

小物置物1

小物置物2

小物置物3


森のレストランリンク

道の駅益子

益子駅から数km南の栃木県道41号に位置しています。
新しくて大きくて立派な建物です。2016/10の開業です。今年の春に日本建築大賞を受賞しています。開業1年で50万人を上回る盛況ぶり(ウィキペディア)ということです。
マルシェ(市場:農産物、加工品、工芸品)、レストラン(新鮮卵かけご飯もあります。)、
コンシェルジュ(インフォーメーション:観光案内、移住相談、レンタサイクル)の内容です。思ったよりすごい内容です。


正面入り口
正面入り口です。立派な案内標識があり、すぐわかります。

マルシェ(市場)の売り場
マルシェ(市場)の売り場です。とても広いです。

レストラン受付
レストラン受付

レストラン客席
レストラン客席

陶芸品コーナ
陶芸品コーナ

民芸品
民芸品がたくさんあります。

道の駅ましこリンク

益子駅舎

歴史は古く大正2年の開業で、昭和63年JRから真岡鉄道に転換、平成10年に現駅舎の改築、平成11年に関東の駅100選に選定という歴史です。
駅舎の特徴は、ツインタワーと瓦の屋根にあり、陶器の町に配慮をしたということのようです。


益子駅舎
確かにツインタワーと瓦の屋根です。

大きな益子焼
駅の中に大きな益子焼が置かれています。

待合室
待合室に観光協会が置かれているようです。(ウィキペディア)

陶器1


陶器2
待合室には何気なく陶器が置かれています。

跨線橋(こせんきょう
跨線橋(こせんきょう:線路をまたぐ橋を云うそうです。)

まとめ

台風一過でしたのでお天気にも恵まれ、いい写真が取れました。自画自賛(笑)
わたしにとっては、森のレストランを除いて初めてのスポットばかりでした。
楽しんでいただけたらうれしいです。
ホームページをリンクしてありますので、参考にしてくださいませ。
益子町観光協会リンク