はじめに

今年も秋の益子の陶器市の季節、毎年、春と秋に行くようにしています。 昭和61年から始まり今年は第102回、春はゴールデンウイーク秋は文化の日の前後です。

今日は4日間の最後の日ということで、天気は晴れ時々曇りの感じで22~23℃くらいで暑い感じでした。 日帰りバスが上野、東京、新宿、千葉から出ているようで、平日にもかかわらずたくさんの人出で賑わいました。

お店の人の話だと「最近はあまり買ってくれない。」とぼやいていましたが、ネットの宣伝では春秋合わせて60万人の人出ということです。

販売店が50店舗、他に500ものテントが並ぶそうで、大きなお店から小さなテントのお店までたくさんで並んでいました。

共販センター前広場の野外店舗

共販センター前広場販売店

ぶらぶら覗き見歩きしたお店など

のぞき見歩きのルート

時計と反対周りにいつもこのコースです。(Black House様のリンクマップ掲載)

益子陶器市マップ

駐車場

駐車場は、益子町役場の駐車場を使わしてもらい、隅っこにチョコンと止めました。 陶器市会場の近くには駐車場がたくさん設けられていますが殆どが有料なので、ケチって会場まで歩いて行きました。

20分ほどですが、途中、小川のハヤや鯉などが泳いでいるのを眺めたり、道路端の草花や民家のお庭のお花たちを眺めながらのんびりと歩いて行きました。

益子は里山

民家のお庭にもお花がたくさん咲いていまして、この可憐なお花、色鮮やかですが写真はちょっと失敗かも・・。

民家のお庭に咲く可憐なお花

茅葺の屋根と柿の実

日本の原風景で、心に古里を感じ、これだけでも来て良かったぁ・・

瓦屋根とたわわな柿の日本の原風景

日常が芸術の陶器益子焼のご紹介

益子焼には珍しい色づかい

わたしのイメージは黒・茶・白などですが新しい色使いなのかも・・私は気持ちが明るくなり好きです。

色鮮やか湯のみ茶碗

花びらと幾何学模様のコラボ

万華鏡の世界のよう、きれいです。

花びらと幾何学模様の湯呑

絵柄が涼しい感じの色使い

描かれたお花たち、浴衣の花がらのようです。

絵柄が涼しい感じのお花たちのお皿

益子焼らしい落ち着いた鉄色の花瓶

赤い木の実の一枝、とても気品感じます。

落ち着いた色柄の花瓶に赤い樹の実の一枝

絵柄がとてもシンプル

落ち着きがあり、退屈させない感とか洗練されたおしゃれを感じ、持ち手(ハンドル)がとても遊び心があって楽しそうです。

こういうカップで美味しいコーヒー飲んでみたい思いにさせます。

シンプルで落ち着きがあるとともに退屈させないコーヒーカップ

絵柄は椿でしょうか

葉の緑とのコントラストが艶やか、カップだけだなく受け皿までセットの図柄、見ているだけでうっとりさせられます。

絵柄艶やかなコーヒーカップ

お花の名前はなんでしょうか

黄色とグリーンと白の色使いとても若々しさを感じます。

黄色と緑とと白のコントラスト若々しさを感じるコーヒーカップ

紅葉の一枝で花瓶たちが主役

紅葉の一枝で花瓶たちが主役

中央の鳥は烏骨鶏でしょうか

お皿の縁の模様まで鳥の羽でしょう、繊細です。

繊細な構図のお皿です。

日本画風のタッチが素敵

日本画風のタッチの器

共販センター前広場の野外店舗でお買い物

た~くさんお店があって見応えあり、お買い物迷います。

共販センター前の野外店舗

私が購入した陶器のご紹介

見てほしい作品の写真たくさんあるのですが、最後にわたしが購入したものを見てくださいませ。 安い物ですがもとは高かったと勝手に思っています。

花柄のマグカップ用の器が前から欲しかったんです。 それと一輪挿しとてもお気に入りです。

花柄のマグカップと一輪挿し

まとめ

各作品の寸評はわたしの勝手な想像寸評です。 本当の評価はとてもおこがましいのと知識を持ち合わせていません。

楽しんで頂けれる人がいらっしゃれば、それでとても嬉しいです。 ぜひ、春と秋の益子陶器市にお出かけして楽しんでくださいませ。 最後まで見ていただきありがとうございました。